女性の「大丈夫」と言う言葉に隠された本音とは?

「レシートは要りますか?→大丈夫です」

「具合どうですか?→大丈夫です」

「遅くなってごめん!→大丈夫です」

これらのように日本人がほぼ毎日のように使う「大丈夫」って言葉。おそらく「問題ないよ」「気にしないで」という意味で使っている方が多いと思います。しかし女性は他の意味でも使っているって知っていましたか?

今回は『女性の「大丈夫」と言う言葉に隠された本音とは?』というテーマでブログを書きます!

さっそく女性がデート中によく使う「大丈夫」4つを紹介しつつ、本音をお話しますね!

 

1、男「待たせてごめん!」

女「大丈夫だよ」

→「謝っているから一応許すけど…ちょっとイラつく

待たされるのは誰でも嫌ですよ~。でも素直に謝ってくれれば許しますし、一時的にイラっとした気持ちもデートが楽しければすぐに忘れます♪

 

2、男「バッグ持ってあげようか?」

女「大丈夫だよ」

「バッグは持たれたくない!」

基本的に荷物を持ってくれるのは嬉しいのですが、メインで持っているバッグはお財布や携帯などが入っているので自分で持っていないと不安なんです。

 

3、男「まだ歩ける?」

女「大丈夫だよ」

「まだ歩くの?」

「歩けない!」なんて言ったら嫌われそう…と思って大丈夫と言っています。

 

4、男「送っていくよ」

女「大丈夫だよ」

 「悪いからいいよ」もしくは「これ以上一緒に居たくない」

送ってもらうのは申し訳ないと思っている事がほとんどですが、ごく稀に「早くこの人から解放されたい」と思っている事があります。

 

このように「大丈夫」という一言に女性の本音が含まれています。

もしも嫌な意味で使われるのが怖ければもう少し具体的な質問をして「大丈夫」以外の返事がし易いようにするか、3のように「まだ歩ける?」と質問するのではなく「ちょっと休憩しよう!」と言い切る方が印象が良いと思います

 

最後に、デート中女性が無言になってしまった時の「大丈夫」についてお話します!これは経験した事のある男性も多いのではないでしょうか!?

 

デート中、なぜか女性が話さなくなってしまって気まずくなった。

男「どうしたの?」

女「別に大丈夫だよ」

「自分で考えて!」「気持ちを察して!」

これは何か怒っている時やまだ一緒にいたいのに帰る流れになってしまって寂しい時などに女性がやってしまう事です。素直に言えなくてもやもやした気持ちとは真逆の「大丈夫」という言葉を言ってしまうのです。本音では察してほしいと思っているんですよ!

 

いかがでしたか?

少し難しい女心ですが、理解できたらモテ男になっているはずです